女性の特有お悩み 冷え症

冷え症の改善方法は自分にあった対策をすること

今回は【冷え症の改善方法は自分にあった対策をすること】についてまとめておきましょう。

 

酷くなると寒くて眠ることも難しくなります。では、冷え症の原因から探ってゆきます。冷え症になる4つの原因とは何でしょう?

 

冷え症からの血行不良

 

キツすぎるタイトフィットなファッションの服装をしていたら貧血になったりします。サイズがあっていない靴を無理に履いたりすることによっても血行不良になります。

 

血行が悪くなるとどうなるのでしょうか?身体の細部にまで血液が送られません。その結果、身体に必要な酸素や栄養分が供給されにくくなりエネルギー不足で身体の冷えが加速されてゆきます。

 

冷え症による自律神経の乱れ

 

精神的にストレスをかかえたりしている生活を続けていると自律神経が乱れてきます。こういったケースの場合は「冷え症」だけではありません。いろいろな健康被害が起こりがちになってきます。

 

生活習慣が不規則であったり一定のリズムでなかったりする場合も自律神経が乱れて冷え症に繋がります。女性は特有のお悩みで気にしますが冷え症は生活習慣の乱れが原因になっています。

 

冷え症により更年期に入っていること

 

四十路から五十路になると更年期と呼ばれる年代になります。ホルモンバランスが崩れてしまう時期になり、その結果として冷え症になることがあります。

 

ホルモンバランスが改善すればいいのです。女性ホルモンと成分が似ている大豆食品を多く摂取するといいでしょう。大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似た成分です。

 

また、「冷え症」とは真逆ですが更年期障害で「ほてり」を感じるケースもあります。

 

冷え症で筋肉不足が原因になる

 

極端に運動をしない女性は筋肉が衰えてきています。筋肉がある女性の場合は心肺機能が強いのです。心臓のポンプ機能がとても強いですから身体の隅々まで血液を流すことができます。血流量が増えて冷え症になりにくいのです。逆のケースで筋肉がない女性の場合は冷え症になりやすいです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

このように見ていくと冷え症の原因から改善するポイントが浮き彫りになります。

 

(1) 身体を締めつけるようなファッションを止める
(2) 精神的なストレスを解消して規則正しい生活をする
(3) 専門医に相談してホルモンバランスの取り方のアドバイスをもらう
(4) 適度な運動をして筋肉をつける

 

これ以外に漢方薬を使う方法もあります。いずれも即効性はないのでコツコツとチャレンジしてみてください。