女性の特有お悩み 更年期障害

女性を悩ませる更年期障害の症状と改善方法

今回は【女性を悩ませる更年期障害の症状と改善方法】についてお話します。

 

卵巣の機能が低下することで発症する更年期障害

 

二十歳代で女性の身体は完成すると言われていますが、その後は次第にいろいろな身体の機能が衰えてきて下り坂になってきます。その一つが卵巣機能の弱体化です。女性ホルモンの分泌は卵巣の大切な働きの一つです。

 

ですが卵巣の機能が低下してくると女性ホルモンの分泌量が減少してきます。そのことによって自律神経に悪い影響がでてきます。さまざまな体調不良がでてきて女性は特有のお悩みのひとつである「更年期障害」を経験することになります。

 

更年期障害が発症する時期は?

 

平均的な日本人女性の統計では45歳から55歳頃が更年期とされています。その理由は40歳代に突入すると卵巣の機能が弱くなり身体への影響を与え始めるからです。さらには50歳代になると閉経することにより、その影響は加速されます。

 

こういったことも個人差があって体調と同じように老化の出現も個人個人違います。更年期障害の症状がでてくるタイミングも人によって大きな差があるのです。

 

中には若年性更年期と言って二十歳代から三十路でも発症します。また五十路をすぎても更年期を感じなくて生活する女性もいます。

 

更年期障害はどういった症状なの?

 

「生理不順」「多汗」「のぼせ」「ほてり」が典型的です。「むくみ」「冷え」「骨粗しょう症」「関節痛」も原因の特定はハッキリしませんが更年期障害の影響があると考えられています。精神的な側面からいいますと「イライラ」「落ち込み」「倦怠感」です。これまでと何か体調が違うと感じたら更年期障害かもしれないと疑いを持ってください。

 

更年期障害は予防することができるの?

 

完全に避けることはできませんが症状を弱くするとか遅くすることは可能です。症状を自覚したらホルモンバランスを整えることを意識しましょう。日常生活を見直してください。

 

改善する必要があるのは「睡眠不足」「栄養バランスの偏り」「運動不足」「ストレス」です。こういったことを改善することによって更年期障害を改善することが可能になってきます。

 

食事関係では大豆製品がお薦めです。「イソフラボン」という女性ホルモンと類似した成分が含まれているからです。イソフラボンが含まれたサプリを摂取する方法もありでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

 

更年期障害は誰もが多かれ少なかれ通る道です。正しい知識と対応策を知っておけば、はつらつと過ごすこともできるでしょう。