女性の特有お悩み 月経前症候群(PMS)

女性が判断に悩む月経前症候群(PMS)の知識と対処方法

今回は【女性が判断に悩む月経前症候群(PMS)の知識と対処方法】をご紹介しています。

 

月経前症候群(PMS)とは?

 

生理前の体調不良やいらつきなどのことを総称しています。近年急速に知名度を上げてきている女性特有の症状です。

 

言葉からイメージすると月経前に現れる日常と異なった症状の全てを含むように感じますが違います。

 

実際には月経前症候群(PMS)が起こる時期や症状は、ある程度絞り込まれているので、まずはその知識をつけましょう。

 

月経前症候群(PMS)が起こるタイミングを原因は?

 

生理の大体2週間前から起こると言われています。排卵期を過ぎた頃、女性は特有のお悩みがでてきて身体はホルモンのバランスを崩してしまいます。ですが、ホルモンを肉眼で見ることはできません。

 

触ってわかるようなものではないのです。こういったことから女性は身体の内部でホルモンがどういった風に変化しているのかを見ることができません。

 

そこでまずは視覚的に数値化できる基礎体温を測ることをしてください。女性の身体から発せられるシグナルを可視化して確認できるのが基礎体温表です。同時に簡単にメモして日記風にしておくと関係性が見えてくることもあります。

 

月経前症候群(PMS)として身体や心に表れてくる自覚症状

 

身体への症状として表れるのは目に見えるので分かりやすいと思います。具体的には「異常な食欲」「強烈な眠気」「胸や下腹の痛みや腫れ」です。また「お腹の調子が悪い」「肌荒れ」「手足や顔のむくみ」も月経前症候群(PMS)が原因と考えられます。

 

心に起こる精神的なものは判断が難しい症状です。

 

「ネガティブ」とか「イライラ」がキーワードです。精神的に不安定になることが特徴的です。勉強や仕事に集中できなくなるでしょう。

 

他人と接することや人付き合いが苦痛に感じることもあります。自分の感情がコントロールできず、ちょっとしたことでも感情が抑えられなくなる症状も見られます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

月経前症候群(PMS)についての概要をご紹介しました。

 

肉体的や精神的な症状もひとつひとつは生理前のタイミングでも発症することがあります。とりわけ精神的な症状は月経前症候群(PMS)と診断されずに「ヒステリー」や「怠惰」と取られることもあります。

 

こういったことを解決してくれるのは医師による診察になります。我慢したり悩みがあるならば専門医に相談してください。