女性の特有お悩み 子宮体がん

高齢女性に多い「子宮体がん」の基礎知識

今回は【高齢女性に多い「子宮体がん」の基礎知識】についてまとめておきましょう。

 

子宮頸がんと子宮体がんを合わせたものが「子宮がん」と呼ばれます。女性の部位別のがんでは「乳がん」「胃がん」「結腸がん」に継ぐ4番目に多いことが国立がん研究センターのデータがあります。

 

子宮体がんはその中でも約30%をしめているのです。最近は増加傾向にありますが、その原因として「晩婚化」「少子化」「食事の欧米化」などがあります。

 

女性のライフスタイルの変化が原因ではないかと考えられています。子宮体がんは40歳から60歳に多く見られる疾病で特に50歳台が多いのが特徴です。

 

子宮体がんとはどんな病気なの?

 

子宮の構造は二つに区分されます。(1)膣から繋がっている子宮頸部と(2)その奥にある子宮体部です。子宮頸部に発生する悪性腫瘍は「子宮頸がん」と呼ばれます。そして、子宮体部に発生する悪性腫瘍が「子宮体がん」と呼ばれています。

 

子宮体がんはさらにふたつに区分されます。女性ホルモンのエストロゲンが関係しているI型。正常細胞が突然がんになるU型です。U型のほうが予後はよくありません。子宮体がんの80%から90%はI型になっています。

 

子宮体がんの症状とは?

 

典型的な症状は「不正性器出血」です。閉経したあとの出血とか正常の生理時以外の出血です。下腹部の痛みや排尿時の痛みを伴うこともあります。

 

子宮がん検診は一般的に子宮頸がんの検査を指します。検診で問題ないと言われている場合ででも不正性器出血がある場合は子宮体がんの可能性があります。すぐに婦人科受診してください。

 

子宮体がんの検査とは?

 

検査するのは「子宮内膜細胞診」です。細い棒状の器具を子宮にいれます。少量の細胞をこすり取って顕微鏡で観察する病理検査です。

 

この検査をして疑いが見られる場合は精密検査をします。「超音波」や「子宮膜組織診」です。子宮体がんと診断されたら、さらに「子宮鏡検査」「CT」「MRI」などをして治療方針を決めてゆきます。

 

子宮体がんの治療はどうするの?

 

外科的手術でがんを取りのぞきます。基本的に子宮や場合によっては卵巣や卵管を摘出することもあります。検査した結果をもとに術式を決定します。手術後は放射線療法や化学療法を追加するかどうかは再発リスクを評価して決定します。

 

いかがでしたでしょうか?

 

子宮体がんはがんの中でも比較的治療の効果がでやすいです。治療によって約8割の人は治ると言われています。初期の検査も簡単ですから不正性器出血の症状があれば婦人科を受診してください。